神学院について

院長のことば

神学生紹介

働き人となるために

神学院は「教職養成」「教職の継続教育」「信徒研修」「神学研究」の4つの柱を目的に据えています。特に教職養成は焦眉の急です。それだけに重い責任を負っているわけですが、神学院はいわば神学校のような「機関」ではありません。日本ルーテル教団神学教育委員会のもとに置かれた一つのプログラムとして担っています。それは4つの目的のために柔軟性と実践性を備えるためと考えます。

25年史にあっても神学院の独自性は「それは弾力性のある神学教育であり、学生の多様の必要に答えようとする多様の方法を認めている。それは実践的な神学教育であって、20世紀後半の日本での宣教と伝道活動に対して学生を準備させる。また専門的な技能と言う点でも高い水準を保持するものであって宣教を殿堂の現場にあって引き続き神学をしてゆくうえに必要な手段と技能を提供するものである。基本的な、準備的な訓練は日本ルーテル神学大学(現、ルーテル学院大学)でなされ、訓練の最終段階は、特にNRKの主体性を生かしつつ、しかし、他教会との協力のもとで目指されている。」(「神学院25年の歩み」より)とあります。

NRK神学院がより実践力のある教職を養成するために用いられています。

1953年4月、O.H.タイス博士を院長に迎え、神学院は発足しました。以来、卒業生を送り続けて現在まで55名となります。その間、名尾耕作、R.マイヤー、C.ホーン、吉永正義、下舘正雄、大和淳が院長を務め現在に至っています。

教会の祈りと支援、また多くの教師の協力によりこれまでの歩みが与えられたことを感謝します。

1966年には日本福音ルーテル教会との間で神学教育についての協力関係が築かれ、以来、神学教育全体をルーテル学院大学および日本ルーテル神学校のカリキュラムの枠の中で行っています。

日本ルーテル教団神学院長の斎藤衛です。神学院が掲げる「教職養成」「信徒リーダーの育成」は、いつの時代にとっても重要な課題でした。その意味で神学教育は教団の根幹と言ってもいいでしょう。その課題に今、どう応えてゆくのか。小さな者が大海原を前に、たじろぐような心境です。しかし、たじろいでばかりもいられません。教職の不足が年を追って切実になっていきます。開かれた学びあい、育ちあいの刺激を神学院から教会へ送りたいと思っています。

現在、私が考えている使命は信仰の原点・教会の原点に帰り、教職・信徒に限らず福音を自分の言葉で語れる人材を育てることです。み言葉に触れる喜びを体験し、仲間と共に分かち合えること、この力を神学院の場で培いたいと思います。

限られた人材と力ではありますが、教会に仕えるプログラムになりたいと願っています。

世に多くの仕事があります。神の呼びかけに応える召命はそこにもあり、この世に生きて働くことは尊いことです。しかし神のみ声を聞いて、その召しに応え、神の国の広がりに働くことは、また格別の喜びがあります。あなたに、神が求めておられることは何でしょうか。

基本的な道筋を以下に示します。かすかであっても召しへの声を聞いた方は、ぜひ神学院長にご連絡ください。

1.将来、日本ルーテル教団の教職として仕える希望を抱いた方は、祈りをもって自らの思いを確かめ、所属教会の教職に相談してください。

2.その後、所属教会教職を通し、あるいは本人からでも結構ですが、神学院にご連絡ください。

3.毎年11月には公示される神学院募集要項にしたがって、所定の手続きを行ってください。

4.神学院生となった方は日本ルーテル神学校のカリキュラムに則って神学教育を受けます。

5.要する年数は個々の神学生によって差がありますが、概ね4年の期間を修練し、卒業となります。

6.原則的に、神学院卒業をもって日本ルーテル教団教職按手の資格が与えられます。

奨学金制度

個々の神学生の状況を勘案して、学費・生活費の各種奨学金を準備しています。ぜひご相談ください。

福音宣教の召命をいただいた方は、勇気を出してみ言葉に仕える道を目指してください。神学院はあなたのその志を受け止めて、支援します。

Copyright © 2011 TOKIE All rights reserved.